陶工房くれいスタッフのきまぐれブログ・・・


by claylife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

清里リプライズ・・・

d0087788_1545357.jpg


1年ぶりに清里に行きました。
夢宇谷の写真からアップします。
去年に比べ、仏陀像のコケも侵食が増したように見えます。



d0087788_1554397.jpg


























こちらは、外の庭に面したHall Way...日本語では回廊というのでしょうか、、。
小さいバージョンの『殿中廊下』といいますか、、、。
はは、こんなことを書いたら、たぶん怒られますよね。


d0087788_1555861.jpg

廊下の突き当りにはこんな明かりもありました。

そこの階段を右にちょっとあがると、夢宇谷Cafeの入り口です。
















こちらが夢宇谷Cafeの入り口です。
にじり口とはいえないまでも、屈んで入らなくてはいけないのは面白いですよね。

d0087788_156981.jpg








今回は特別、先生が用意してくれたNaturalDye(ナチュラルダイ)のWorkshopで、紅茶・葡萄の皮で、ハンカチーフを染めたりするのを皆さんとやってみました。
糸で石をくくったり、輪ゴムでしばったり、三角形におって留めてみたり、、、各自、さまざまな技法でやってみました。染め上がるまで、どんな感じになるか、わからないのが楽しいですね。

d0087788_2112080.jpg



こちらは紅茶染め。

















d0087788_2115138.jpg


こちらはほかの方たちがやった葡萄染めです。きれいな色ですよねぇ。












紅茶で染めた私たちは、ミョウバンを使ったのですが、まだ、煮込んでいるときと、媒染剤を加えた後の状態の写真を見てください。

d0087788_2144235.jpg















d0087788_2145531.jpg
おしるこみたいな色ですが、媒染剤を入れるとこんなぐあいににごります。









実は私は、カナダのアートスクールで一年の時に、陶芸と一緒にテキスタイルのクラスも取っていて、インディゴの絞り染め、ろうけつ染めなどと、あとはた織りクラスなども取っていたのですが、今回染めものの面白さを再認識しました。そして、身近な材料で、という草木染め、Natural Dyeというのが良いですね。








最後は、BBQの写真で『Smoke on the Eaters』です。初日の夜はみなさんで大いに盛り上がり、楽しかったです。

d0087788_22166.jpg




残暑、まだまだ厳しいですが、皆様、どうかお身体に気をつけて、、。
[PR]
by claylife | 2007-08-22 02:27 | ギャラリー
d0087788_134777.jpg
無事終了致しました。遊びにいらしていただいた方々、ありがとうございました。それから、ヒュッテ清里/コットンハウスのペンションの方々、体験など、お客様へのご案内、助かりました、ありがとうございます。

8月の清里は本当に涼しく、快適でしたが、今回の9月の気候は少し寒いくらいでした。作った作品が乾かないということもあり、少しストーブをつけました。9月にストーブを使ったりするのは、北海道の大雪山に行った以来です。

清里はこの夏初めてでしたが、色々見所があるところです。駅通りを北へ抜けると、アールヌーボーのガラスコレクションで有名な北澤美術館があります。長野の諏訪市にある本館のコレクションと入れ替えたりしてて、とても良いコレクションです。ドーム兄弟の作品もかなりありました。地下に下りる感じの1階には、地元のアーティストなどの作品も展示しています。ガラス張りで、周りの森が見え、素敵なSettingです。

甲斐大泉と甲斐小泉の中間のいずみライン沿いには、夢宇谷(むうだに)という、城のような、迷路屋敷のような、自然の中に位置したギャラリーがあります。東京にもギャラリーを構えるこのウィークエンドギャラリーはおびただしいほどの数の陶磁器が展示即売されています。地元のアーティストから、備前を初め、地方からの中堅陶芸家の作品も置いてあり、オーナーの幸さんも書のアーティストなので、彼の作品である屏風、陶磁器なども買うことができます。なにしろ、迷路のように入り組んだギャラリーじたいを見るだけでも面白く、ざっと見るだけでも1時間は必要な所です。清里にいる間、3回ほど行きましたが、こまめにディスプレイを変えているようで、プレゼンにかなり気を配っています。幸さんのポリシーでしょうか?d0087788_152395.jpg
夢宇谷から出てきた泉ライン沿いにある「パイの家」のアップルパイは最高に美味しいです。ブルーベリーパイも買ってみましたが、実がたっぷり入っていてこちらもGood。常温で日持ちするので,お土産には最適でした。

甲斐大泉駅からちょっと南下した所にあるきのこ農園のきのこ達も最高です。味つけされてパックにされた自家製シメジ・エリンギや佃煮風シメジ、釜飯のもと、柚子の香りと程よいすっぱさがいい、大根とシメジの浅漬けなどなど、お手ごろ価格で、保存料などを使っていない自然食です。どれもこれも美味しく、そのままご飯のおかずや、つまみになります(私はもっぱらこっちでしたが、、、)

美しの森の奥にある、キッツメドウズというスキー場も、夏訪れても、いい所です。景色はいいし、お花は咲き乱れているし、夏でも日中はリフトで上まで上がれます。

d0087788_1212231.jpg長坂のほうに行けば、清春芸術村があり、白樺派の作品などが見れる、白樺美術館もあります。もちろん、美術館に入らなくても、そこは緑が多く、広大な土地に、アートスタジオとして使われているラ・リューシュが建ち(モディリアーニやシャガール達が創作活動していたパリのモンパルナスにあるアトリエの再現です)素敵なムードをかもし出しています。そして美術館の横には、コンクリート壁のルオー礼拝堂があり、彼が制作したオリジナルのステンドグラスを見ることができ、こじんまりとしていますが、無機質な壁がとてもかっこよく、見る価値は十分あります。


後、清里駅周辺には「萌木の村」とか、アート・クラフトに関して見る所は豊富です。清里はドッグフレンドリーで、犬が入れるレストランや、お部屋まで一緒にいられるペンションなど、犬好きで、犬と一緒に旅行がしたい人達にはとても良い所です。

山の紅葉も良さそうなので、10月の末に又、秋の紅葉を見に行きたいと思っているところです。
[PR]
by claylife | 2006-09-21 01:32 | アート

清里別荘ギャラリー

9月のギャラリーオープンは13日の水曜日から17日の日曜日までです。

営業時間
ギャラリー: 10:00-17:00
陶芸体験:  11:00-16:00(要予約)

連絡先: 0551-48-4530(期間中)
      090-5577-2503(石垣携帯)

住所: 山梨県北杜市高根町清里 3005
中央自動車道須玉ICより国道141号30分 (小須田牧場先の左側にある「いせ藤」というお蕎麦屋さんのすぐ手前を左に入り、又すぐ左を上がり、ヒュッテ清里ペンションの横の小道を右に上がった奥)
お待ちしております。

d0087788_06148.jpg


陶工房くれいJournalはしばらくお休みします。
[PR]
by claylife | 2006-09-12 00:09 | ギャラリー