陶工房くれいスタッフのきまぐれブログ・・・


by claylife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ギャラリー ( 8 ) タグの人気記事

そろそろ梅雨明け?

d0087788_23294677.jpg


けろっぴさん、近畿では今日梅雨明けしたそうですよ。
関東も It's a matter of time (時間の問題)です。

今日の朝の日差しと虫の声を聞いて、てっきり関東も梅雨明けしたと思ったんですが、ネットニュースではそうとは言っていないですね。

でも、大いに夏を感じた日でした!!!!

そして、リトルカナダの季節となりました。


                    リトルカナダ・・・?!


あ、清里の事です。去年の「ブログ開設しました」でご紹介しました清里別荘ギャラリーです。

去年は7月と8月に分けて清里ギャラリーをオープンし、陶芸体験もやりました。(参加してしていただいた方がた、、、ありがとうございました。)


なんと言っても、あの涼しさといったら、やっぱりリトルカナダなんですよね。実は私は去年初めて清里に行ったのですが、あまりの心地よさにびっくりしました。
もちろん、日差しは強かったりもしますが、気温が低く、しゃかりきになって土練りでもしないかぎりは汗もかかないのです。そして、別荘があるところは、木々に囲まれ、日差しを遮断し、熱がこもらないみたいですね、、。

夏なのに肌がべとべとしないなんて、、、最高ですよね・・・しかもお隣の山梨です。北海道に行かなくても涼しい思いができるのですよ


今年は8月10日よりオープンします。興味があります方はこちらのgooのほうにメールをください。claylife2006$mail.goo.ne.jp(迷惑メール防止のため、$マークで表示していますので、メールされる方は$を@に換えて送信してください。)

生徒さんで、別荘滞在希望の方がたは、前もってご連絡してください。(三部屋は完全ツインベッドルーム、一部屋は畳部屋になっています。)

今年は、草木染、花びら染めなどのテキスタイル系のアトラクションも予定しています。

Give us a call/mail, and you'll get a lot of fun this summer!
[PR]
by claylife | 2007-07-25 00:17 | Nature

Who's ふう?

d0087788_2243387.jpg

今日はうちの工房の近くの『ふう』というギャラリーの工房オープニングがあり、行って来ました。


竹やぶに囲まれたしっとりとした森の中にギャラリー「Fu」はあります。

普段は田園都市線のたまプラーザ駅で「ウエルストン」と言う陶芸教室を運営している永山先生ですが、ここは、彼とウエルストンの講師、スタッフ達のギャラリーなのです。



d0087788_2321689.jpg

入り口近く、入ってすぐ右手に押入れを改造したディスプレイスペースがあります。

スタッフのアジアンテイストを程よく出していますね。















d0087788_2335649.jpg

これは、海外とかでとても人気がある、階段式の収納だなです。
全体的に数人の作家さん達の作品が混ざっているのですが、すごく調和していますよね。













d0087788_236494.jpg


上絵を有田で習得した今島紀穂子さんは、現代風の赤絵に挑戦しています。
骨董品のようで、現代風の上絵の食器はなかなかおもしろいですね。












でも私は、金の上絵を施した、個性的な器に惹かれました。

d0087788_2574790.jpg


ちょっと、光が当たってしまいましたが、上絵に金彩を、うまい具合使っていますね。
私としては感覚的に新しくかんじます。























d0087788_23123124.jpg

庭を眺められる縁側はこんなかんじにアレンジされています。









d0087788_2434742.jpg



作品中のエキゾチックなものを作っているのは、清水明子さんです。ひとつひとつ手びねりで作られていて、個性的なかんじですね。







d0087788_2541067.jpg














工房ふう展--陶芸4人プラスαのオープニング展は、火曜日、5月の29日までです。時間は11時から夕方5時まで。
この展示会の後は、毎月第2土曜日にオープンしています。お近くの方は行ってみてください。
Tel:090-4225-7263

ギャラリー「ふう」は、愛川町の津久井に向かう上三増トンネルの手前の大相模カントリーの所の坂道を左に折れたところにあります。
くわしくは「ウエルストン」HPイベントをご覧くださいませ。
[PR]
by claylife | 2007-05-27 03:17 | 展示会

春のちょこっと展示会

d0087788_073976.jpg


明日の14日から3日間、厚木の教室横、陶工房くれいギャラリーでプチ展示会を開催致します。

同ビル内東京堂さんが、明日から3日間、朝10時より宝飾展を開催しますので、それにあわせて、3階にあります私どものギャラリーもオープンしています。

場所をお知りになりたい方は、こちらをクリックしてくださいね。

先日、登り窯に車が突っ込む事故がありまして、様々な春の予定が狂ってしまいましたが、今回は、ちょこっとの春の展示会です。

お近くいらっしゃる事がありましたら、ぜひお寄りくださいませ。

と、言う事で、今週の中津教室は、予定通りお休みですので、お間違えのないようにお願い致します。

来週の金曜日は、酸化の窯を本厚木にて焚きますので、作品を酸化窯にお入れになりたい生徒の皆さん、その時までに、釉かけを終えてくださいね。

以上、お知らせでした。
[PR]
by claylife | 2007-04-14 00:34 | ギャラリー

陶工房くれいギャラリー

本厚木教室の横の陶工房くれいギャラリーです。
入り口の所に、工房物をセットアップしました。
d0087788_2140479.jpg




d0087788_2354171.jpg

こう暖かいと気分的には春!3月もすぐですね。

 工房物を見守るようにお雛様がいらっしゃいます。













ギャラリー内は、このようになっています。
d0087788_2355149.jpg







こちらは作家物の磁器シリーズです。
d0087788_23551686.jpg










こちらの馬上盃は、おつまみや和え物だけでなく、デザートを乗せても素敵です。
d0087788_23554414.jpg







民芸調のたんすとかを棚にしています。現代風の器も似合いますねぇ。
d0087788_23555748.jpg



陶工房くれいギャラリーは火・木・土 12時から17時まで営業しています。
ご来店の際は、当日でしたらお電話で、直接ご連絡ください。(090-5577-2503)
場所は、小田急線本厚木駅より徒歩3分、一番街を行き、駅を背にして、左側にある眼鏡屋さん『東京堂』の3階です(ドトールの斜め前です。)詳しくは、ホームページの厚木教室への地図をごらんください。

作品のお値段等の詳細は、これから徐々に掲載します。
それではまた。 BY4NOW
[PR]
by claylife | 2007-02-07 00:29 | ギャラリー

結-Yui Gallery

d0087788_1449219.jpg
厚木市飯山にありますこの結(Yui)さんは、オーナーの長澤みはるさんと、お義姉さんのさちこさんが設計からこだわり、去年の春に念願のオープンを果たしました「モダン和風」のギャラリー茶房です。
木曜日以外の毎日、11時よりオープンしています。手作りのアート&クラフトを常時展示、日替わりランチなどを食べながらゆっくり鑑賞できます。さちこさんが日本全国あちこちで目に留まった、陶器、布アート、絵、ジュエリーなどを、展示即売しているのです。そして、企画展なども、常時行われています。

石垣美恵子の作品、そして、「陶工房くれい」の工房物の作品も、結さんに置かせて頂いています。




d0087788_1431775.jpg

交通量の多い道路から数メートル入った、静かな住宅地に佇む結ギャラリーは、入り口の格子戸を潜り抜けると、落ち着いた、心地よい空間があります。シックなこげ茶で統一されたテーブル、高めの天井、光の取り入れ方も、工夫されています。
空間を味わうのも良いのですが、パティシエでもある、みはるさんが焼くデザートが、これまた最高なのです。(また、食べ物の話になってしまいましたが、、。)インテリアはモダンな和風ですが、デザートの内容は洋風です。

シフォンケーキはすごいボリュームで美味しいし、レアチーズケーキは、スポンジケーキとレアチーズがふんわりあえてあり、Berryのシロップがかかっていて、初めて見る人には「あれ?レアチーズケーキを頼んだのに、、、」なんて、思うかもしれませんが、これが結さんスタイルなのです。コーヒーは、地元のコーヒー屋さんでブレンドしてもらう「結ブレンド」です。コーヒーが好きな私は、ついコーヒーを頼んでしまうのですが、先日行った時は、中国の「キームン」という珍しい紅茶を飲みました。ダージリンより香りがあり、でも、ウーロン茶とかジャスミン茶とも違う、味はアッサムティーにも似てるような、なんとも不思議な、でもとっても美味しい紅茶なのです。
もうひとつの私のお気に入りは、カスピ海ヨーグルトで作った、「ブルーベリーヨーグルトドリンク」です。これ、400円なんですが、自家製ヨーグルトで、しかもブルーベリーが入ったヨーグルトドリンクは、都内とかでこのような値段では(しかも量も考慮して、、、)絶対ありえないと思います。そのほか、コーヒーの香りが生きたコーヒーゼリー、イチジクのコンポートや、フレッシュジュースなどなど、一度の来店で全部試すのは大変かと思いますが、パーティやイベントとかもできるようなので、仲間が集まって、午後の「Tea Party」というのでも良いですよね。

d0087788_1523817.jpg
結さんは貸しギャラリーもしています。金土日だけとか、定休日を除く、1週間単位で、貸し出してくれます。写真の中で、常時展示品が置いてある空間全部が貸しギャラリーのスペースになります。2面の壁、その下の全ての棚の上、中央の喫茶のテーブルも広いので、真ん中に展示するのも可能です。

d0087788_15285015.jpg









d0087788_15401925.jpg







さらに、外にはパティオスペースがあり、天気が良ければ、10畳ぐらいの空間に、テーブルや棚を置いてディスプレイしたり、オブジェなどを置いても素敵だと思います。



あと、広い壁の反対側は、外の禅的な空間を見ながらお茶が飲めるように、一列、喫茶テーブルが配置されています。小さなものだったら、そこにも何か置けそうです。
d0087788_1625072.jpg

写真にはありませんが、奥のレジの横のスペースも、展示可能です。
展示用の低めのテーブルは全体的にこげ茶で、壁は白、梁は薄茶の自然木材です。ディスプレイや照明に関しては、アーティストの持込で色々変えられるようですし、基本的に、一日9千円となっていますが、期間が長ければ、お得な金額になるようです。まずは、お電話で、相談してみるのがいいでしょう。

「ぎゃらりー&茶房 結(Yui)」  046-247-7877
Open11:00-19:00 木曜日定休

貸しギャラリーのことでお電話するのであれば、午前中か、夕方がいいかもしれません。
[PR]
by claylife | 2006-10-27 16:44 | お店紹介
d0087788_134777.jpg
無事終了致しました。遊びにいらしていただいた方々、ありがとうございました。それから、ヒュッテ清里/コットンハウスのペンションの方々、体験など、お客様へのご案内、助かりました、ありがとうございます。

8月の清里は本当に涼しく、快適でしたが、今回の9月の気候は少し寒いくらいでした。作った作品が乾かないということもあり、少しストーブをつけました。9月にストーブを使ったりするのは、北海道の大雪山に行った以来です。

清里はこの夏初めてでしたが、色々見所があるところです。駅通りを北へ抜けると、アールヌーボーのガラスコレクションで有名な北澤美術館があります。長野の諏訪市にある本館のコレクションと入れ替えたりしてて、とても良いコレクションです。ドーム兄弟の作品もかなりありました。地下に下りる感じの1階には、地元のアーティストなどの作品も展示しています。ガラス張りで、周りの森が見え、素敵なSettingです。

甲斐大泉と甲斐小泉の中間のいずみライン沿いには、夢宇谷(むうだに)という、城のような、迷路屋敷のような、自然の中に位置したギャラリーがあります。東京にもギャラリーを構えるこのウィークエンドギャラリーはおびただしいほどの数の陶磁器が展示即売されています。地元のアーティストから、備前を初め、地方からの中堅陶芸家の作品も置いてあり、オーナーの幸さんも書のアーティストなので、彼の作品である屏風、陶磁器なども買うことができます。なにしろ、迷路のように入り組んだギャラリーじたいを見るだけでも面白く、ざっと見るだけでも1時間は必要な所です。清里にいる間、3回ほど行きましたが、こまめにディスプレイを変えているようで、プレゼンにかなり気を配っています。幸さんのポリシーでしょうか?d0087788_152395.jpg
夢宇谷から出てきた泉ライン沿いにある「パイの家」のアップルパイは最高に美味しいです。ブルーベリーパイも買ってみましたが、実がたっぷり入っていてこちらもGood。常温で日持ちするので,お土産には最適でした。

甲斐大泉駅からちょっと南下した所にあるきのこ農園のきのこ達も最高です。味つけされてパックにされた自家製シメジ・エリンギや佃煮風シメジ、釜飯のもと、柚子の香りと程よいすっぱさがいい、大根とシメジの浅漬けなどなど、お手ごろ価格で、保存料などを使っていない自然食です。どれもこれも美味しく、そのままご飯のおかずや、つまみになります(私はもっぱらこっちでしたが、、、)

美しの森の奥にある、キッツメドウズというスキー場も、夏訪れても、いい所です。景色はいいし、お花は咲き乱れているし、夏でも日中はリフトで上まで上がれます。

d0087788_1212231.jpg長坂のほうに行けば、清春芸術村があり、白樺派の作品などが見れる、白樺美術館もあります。もちろん、美術館に入らなくても、そこは緑が多く、広大な土地に、アートスタジオとして使われているラ・リューシュが建ち(モディリアーニやシャガール達が創作活動していたパリのモンパルナスにあるアトリエの再現です)素敵なムードをかもし出しています。そして美術館の横には、コンクリート壁のルオー礼拝堂があり、彼が制作したオリジナルのステンドグラスを見ることができ、こじんまりとしていますが、無機質な壁がとてもかっこよく、見る価値は十分あります。


後、清里駅周辺には「萌木の村」とか、アート・クラフトに関して見る所は豊富です。清里はドッグフレンドリーで、犬が入れるレストランや、お部屋まで一緒にいられるペンションなど、犬好きで、犬と一緒に旅行がしたい人達にはとても良い所です。

山の紅葉も良さそうなので、10月の末に又、秋の紅葉を見に行きたいと思っているところです。
[PR]
by claylife | 2006-09-21 01:32 | アート

清里別荘ギャラリー

9月のギャラリーオープンは13日の水曜日から17日の日曜日までです。

営業時間
ギャラリー: 10:00-17:00
陶芸体験:  11:00-16:00(要予約)

連絡先: 0551-48-4530(期間中)
      090-5577-2503(石垣携帯)

住所: 山梨県北杜市高根町清里 3005
中央自動車道須玉ICより国道141号30分 (小須田牧場先の左側にある「いせ藤」というお蕎麦屋さんのすぐ手前を左に入り、又すぐ左を上がり、ヒュッテ清里ペンションの横の小道を右に上がった奥)
お待ちしております。

d0087788_06148.jpg


陶工房くれいJournalはしばらくお休みします。
[PR]
by claylife | 2006-09-12 00:09 | ギャラリー
d0087788_23371697.jpg


陶工房くれいのHPに来て頂いた方がた、ありがとうございます。ネットショップが滞ってしまっていてすみません。スタッフの私も、工房物の作品は作っているものの、まだまだアナログ人間で、デジタル処理がスムーズに行っていないこのごろです。

でも、本厚木のほうのギャラリーには作品を展示してますので、電話/メール連絡のほどお越しくださいませ。

さて、今年の夏から清里の別荘にてギャラリーオープンとなりました。この画像は1階の居間の部分です。現在ではたくさんの作品を置いています。8月は、あまり大勢重なることなく、生徒さん達が泊まりに来て頂いたり、陶芸体験の人達が現れたりで、毎日楽しんでいました。

それにしても、涼しかったです。激しい粘土コネなどしなければ、一日汗も掻かず、肌はさらさら状態です。別荘があるのは標高1150Mぐらいの所ですが、場所によってはとても暑く、日差しは関東より強いように感じました。でも、空気がヒヤ~ッと気持ちいいんです。

お泊りになった方達は、涼しいところでゆったりした時間を持ったということもあると思いますが、先生の美味しいブランチにも堪能した様子でした。

清里ギャラリー、9月は13日から17日まで再開します。 staff R
[PR]
by claylife | 2006-09-01 19:36 | ギャラリー