陶工房くれいスタッフのきまぐれブログ・・・


by claylife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お店紹介( 2 )

ぽっとてりいー Tea Room

d0087788_23313137.jpg

今日は、先生と本厚木の教室に行く前に、生徒の平井さんがオーナーのこのお店にランチを食べに来ました。
海老名と本厚木の間の『厚木』駅すぐの海老名団地の近くです。

なんとなく、『白雪姫』を連想してしまうかわいらしい外見ですねぇ。
『ぽっとてりいー』と言うのは、英語の陶芸という意味のPotteryから来ているようです。英語で発音すると、ポテリィーという感じで、日本人の苦手な『R-アール』の発音が入っているのですが、PotteryのPotは、英語では、一般的には陶器を意味するようです。(おもに、『壺』というニュアンスがあると思いますが・・・)その陶器を作る人を、『Potter』英語的に言うと、ポター、日本語的に書くと、ポッター、つまりは、ハリーポッターのポッターさんになるわけです。

と、私のトリビアはこのぐらいにして、中に入ってみましょう。d0087788_23503492.jpg
ぽっとてりいーさんは、貸しギャラリーもやっています。陶器がほとんどですが、天然石などで作ったアクセサリー等も置いていました。
平井さんのご主人も、引退されて、陶芸をやられているそうで、作家物の陶器の合い間合い間にさりげなく、作品が展示されていました。












d0087788_004150.jpg
こちらは、スパゲッティーボロネーゼ。トマトソースがとても美味しく、ひき肉とベーコンが程よく入ってお味は絶品。
こちらの食器は、奥様の作。
「先生の指導が良いから、うまくできたのよー。」
と、かなり謙遜されてましたが、とても良い感じじゃないですかぁ!

ご主人のほうは、もう独学でやっていらっしゃるみたいですが、奥様のほうは、うちの教室では、かなりの年長組。しかも、皆勤賞ものだそうですね。








d0087788_084932.jpg
こちらのきのこのクリームソースも、こってりとはしていなく、さっぱり系の私好み。
作家物のBluegreenの陶器に盛られると、きれいですねぇ。









さりげなく、ミニ花瓶やちびシュガー&ミルクポットも平井さんの手作り食器です。



d0087788_0224837.jpg
うちの先生がぽっとてりいーさんの開店の時に、注文で作ったというコーヒーカップ!
10数年前に、、、ということですよね。
先生にとっては、今、昔の作品を見ると、納得できない所もあるかもしれませんが、昔の作品を見るのって、原点に戻るみたいで、大事な時がありますよね。

私が二十歳の時に、カルチャーセンターの陶芸教室で初めて作った花瓶を、うちの母がまだ使っているのですが、ものすごい下手で恥ずかしいながらも、発想やアイディアは今より斬新だったりして、、。



私が先生の昔の作品を見て感激していたら、平井さんが、次々違うカップを出してくれました。
d0087788_0232740.jpg
こちらはイチゴのショートケーキと紫がかった均窯釉のカップ&ソーサー。

先ほどの、モカチーズケーキもちょこっとほろ苦く、そしてチーズのぐあいもくどくなく、とても美味しかったのですが、このショートケーキもなかなかです。
実は、私ホイップクリームがあまり好きではないのですが、(というかあのスプレー式の化学的なものがきらいなのです)このホイップは本当に生クリームの味がして(あたりまえかな?)とても美味しいし、スポンジもふんわり+しっとり、イチゴさんと感触もばっちり合います。。





d0087788_0331548.jpg

こちらも、やっぱり写真に載せたかった先生の白のカップ&ソーサー。

で、横のは、マロンケーキです。

いったん、どれだけ食べたんだぁー? と言うほど、あれこれ載せてしまいましたが、
実は、あれこれ食べたんです。(もちろん、先生とShareですよ。)

ああ、今日は、もうすでにカロリーオーバー。でも、いつもはそんなに甘いもの食べないからいいかな?

ぽっとてりいーさんにも、工房物の食器を、これから置かせていただきますので、お食事がてら、皆さん来てくださいね。

ぽっとてりいー    日曜、祝日、月曜日お休み10:00~17:00 Tel: 046-231-3330
こちらのお店のほかに『母屋』という古民家を改造した貸しギャラリーもやっていらっしゃいます、興味がある方は、平井さんあてにお電話をしてみてください。(ランチタイムは避けたほうが無難です。)
[PR]
by claylife | 2007-01-26 01:14 | お店紹介

結-Yui Gallery

d0087788_1449219.jpg
厚木市飯山にありますこの結(Yui)さんは、オーナーの長澤みはるさんと、お義姉さんのさちこさんが設計からこだわり、去年の春に念願のオープンを果たしました「モダン和風」のギャラリー茶房です。
木曜日以外の毎日、11時よりオープンしています。手作りのアート&クラフトを常時展示、日替わりランチなどを食べながらゆっくり鑑賞できます。さちこさんが日本全国あちこちで目に留まった、陶器、布アート、絵、ジュエリーなどを、展示即売しているのです。そして、企画展なども、常時行われています。

石垣美恵子の作品、そして、「陶工房くれい」の工房物の作品も、結さんに置かせて頂いています。




d0087788_1431775.jpg

交通量の多い道路から数メートル入った、静かな住宅地に佇む結ギャラリーは、入り口の格子戸を潜り抜けると、落ち着いた、心地よい空間があります。シックなこげ茶で統一されたテーブル、高めの天井、光の取り入れ方も、工夫されています。
空間を味わうのも良いのですが、パティシエでもある、みはるさんが焼くデザートが、これまた最高なのです。(また、食べ物の話になってしまいましたが、、。)インテリアはモダンな和風ですが、デザートの内容は洋風です。

シフォンケーキはすごいボリュームで美味しいし、レアチーズケーキは、スポンジケーキとレアチーズがふんわりあえてあり、Berryのシロップがかかっていて、初めて見る人には「あれ?レアチーズケーキを頼んだのに、、、」なんて、思うかもしれませんが、これが結さんスタイルなのです。コーヒーは、地元のコーヒー屋さんでブレンドしてもらう「結ブレンド」です。コーヒーが好きな私は、ついコーヒーを頼んでしまうのですが、先日行った時は、中国の「キームン」という珍しい紅茶を飲みました。ダージリンより香りがあり、でも、ウーロン茶とかジャスミン茶とも違う、味はアッサムティーにも似てるような、なんとも不思議な、でもとっても美味しい紅茶なのです。
もうひとつの私のお気に入りは、カスピ海ヨーグルトで作った、「ブルーベリーヨーグルトドリンク」です。これ、400円なんですが、自家製ヨーグルトで、しかもブルーベリーが入ったヨーグルトドリンクは、都内とかでこのような値段では(しかも量も考慮して、、、)絶対ありえないと思います。そのほか、コーヒーの香りが生きたコーヒーゼリー、イチジクのコンポートや、フレッシュジュースなどなど、一度の来店で全部試すのは大変かと思いますが、パーティやイベントとかもできるようなので、仲間が集まって、午後の「Tea Party」というのでも良いですよね。

d0087788_1523817.jpg
結さんは貸しギャラリーもしています。金土日だけとか、定休日を除く、1週間単位で、貸し出してくれます。写真の中で、常時展示品が置いてある空間全部が貸しギャラリーのスペースになります。2面の壁、その下の全ての棚の上、中央の喫茶のテーブルも広いので、真ん中に展示するのも可能です。

d0087788_15285015.jpg









d0087788_15401925.jpg







さらに、外にはパティオスペースがあり、天気が良ければ、10畳ぐらいの空間に、テーブルや棚を置いてディスプレイしたり、オブジェなどを置いても素敵だと思います。



あと、広い壁の反対側は、外の禅的な空間を見ながらお茶が飲めるように、一列、喫茶テーブルが配置されています。小さなものだったら、そこにも何か置けそうです。
d0087788_1625072.jpg

写真にはありませんが、奥のレジの横のスペースも、展示可能です。
展示用の低めのテーブルは全体的にこげ茶で、壁は白、梁は薄茶の自然木材です。ディスプレイや照明に関しては、アーティストの持込で色々変えられるようですし、基本的に、一日9千円となっていますが、期間が長ければ、お得な金額になるようです。まずは、お電話で、相談してみるのがいいでしょう。

「ぎゃらりー&茶房 結(Yui)」  046-247-7877
Open11:00-19:00 木曜日定休

貸しギャラリーのことでお電話するのであれば、午前中か、夕方がいいかもしれません。
[PR]
by claylife | 2006-10-27 16:44 | お店紹介