陶工房くれいスタッフのきまぐれブログ・・・


by claylife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Quaker Oats Takes an Oath...

d0087788_214721.jpg


最近のマイブーム・・・

そんなにNewじゃないけれど、オートミールクッキー作りにはまっています。

ちょっと前、友人から、gigantic sized oats box(巨大箱に入ったクォーカーのオートミール)をいただきまして...

どうやって使おうかなって、思っていた所に、バレンタインデーがおとずれ・・・

アルバイト先の塾の講師の方々、子供達のために、50個ほど作ったのがきっかけでした。
仕事を終えて帰ったバレンタインデー前夜、翌日のために夜中の3時半頃まで、ちいさなオーブントースターをフル回転していました。

でも、とっても好評だったようで、、、自分でも、いけるんじゃないかなと思い、最近、ちょこっと時間があれば、クッキーを焼いている私です。

「あら?陶工房くれいには、登場しないわねぇ?」

なんだか、工房の方達のそんな声が聞こえた気がしますが、きっと空耳アワー状態なのでしょう・・・
え?あ、はい。そのうち、お持ちいたします。

なかなか日本にオートミールクッキーって売ってないんですよねぇ。
私はオートミールレーズンクッキーが大好きです。

今日のクッキーは、レーズンがなかったので、ローズヒップの実を入れ、ビタミンCを強化!!
でも、板チョコ入れてしまいましたから、メタボ系クッキーになりました。

ローズヒップのすっぱさと、ビターの板チョコのビタすっぱ甘のコラボ、そして、オートミールのChewyチュウイー(噛み応えある)食感がたまらないです。

d0087788_213599.jpg


クォーカーおじさんは、どうどうと、"Oatmeal helps remove cholesterol"
(オートミールはコレステロールを除くのを助ける。)

なんて、堂々と書いてあるんですからたいした自信です。

最近、このメタボという言葉が日本中飛び交っていますが、この言葉の本当の英語の意味は、
Metabolic (新陳)代謝の・・・という意味ですから、新陳代謝が活発になる、というこのメタボリッククッキーはダイエットクッキーになるわけですねぇ。

でも、英語圏で、このMetabolic Syndrome メタボリック・シンドローム(メタボリック[代謝]症候群)という、代謝に対して異常に固執する人たちに使われた言葉が、日本に渡来し、メタボリック=(イコール)出っ腹(でっぱら)みたいな意味で使われているのは、面白いですね。


まあ、とにかく、、、オートミールクッキーはYummyなのです!


本日のオートミールクッキーレシピです。

1カップ  オリーブオイル(香りのために溶かしバターと混ぜて1カップにしました。もちろん、濃厚のが好きな方は全溶かしバターも可です。)

1カップ  グラニュー糖を溶かした液体(溶かさなくてそのままでもいいですが、量を調整する必要があります。Wet(液体系)の物を全部まぜた後で、焼く前にちょっと味見してください。)

全卵2つ   (whisk泡だて器で泡立てといて、油と良く混ぜましょう。)
1TBS    テーブルスプーン1杯のバニラエッセンス(無ければ、香り付けにブランデーとかでもいいです。)20才以上方向けです

1~11/2カップ 薄力粉(これも、全部混ぜてDoughドウ生地があまりゆるいようだったら調節します。)

1TBS     ベーキングソーダ
3カップ    調理されていないオートミール(やっぱり、写真のQuaker Oatsが最適です。)

optional (オプショナル)
1カップ    レーズン

または、
1/2カップ  レーズンと、板チョコ半分(包丁でまあまあ細かく切って砕く。)

または、   クランベリーとチョコの組み合わせ
        Datesデーツ(ナツメヤシの実)
        ブルーベリーとチョコでも良し。もちろん、あれば、ラズベリーとチョコも最高です。

Low Calory低カロリーにするには、油を控えめにして、牛乳を加えて液体を増やし、砂糖を控えめ、ブラウンシュガーやオリゴ糖にするのも手です。


後は、乾き物は乾き物で良く混ぜ、液体系Wet物はWetもので良く混ぜ、Dry to Wetつまり、乾き物を液体に入れます。そして、あまり練らないようにミニしゃもじなどで切るように混ぜ、オーブントースターの付属の油を敷いた小さな鉄板に丸、ハート、何の形にでもして、1センチ弱ぐらいの厚さに敷き、最初10分一気に焼きます。

10分経って、チーンと鳴ったら、中のクッキーの状態を見て、真ん中がOKで、前後端が今いちであったら、細長く切ったアルミホイルなどを、もうすでにちょうど良い焦げ目になっているクッキーの所に被せるように置き、今いち生焼けの部分に火が当たるのを祈り、後、2、3分焼きます。

あんまり焼きすぎると、硬くなります。
個人的に私は、ちょっとやわらかめが好きなので、焼きたてがふに~っと曲がるぐらいで止めます。

多少ベーキングパウダーを入れているので膨らみます。ですからあまり厚ぼったくしたり、横のクッキーとひしめき合うように並べるのはどうかと思います。

私は、上記の量で、まあまあビッグサイズのクッキーを9個づつ(通常のあのオーブントースターの鉄板サイズで9個です。)を2回に分けて焼きます。
鉄板には、ワックス紙を敷きませんが、オリーブオイルを大匙1っぱいほどたらし、指でならします。

簡単オーブントースターでできる美味しいクッキーの出来上がりです。あったかいうちに一つつまみ食いしましょう♪
[PR]
by claylife | 2008-02-27 03:13 | Food & Dish